悩める男性必見!クールビズ着こなしのポイント

クールビズでこんなお悩みありませんか?

どこまでカジュアルにしていいのか、基準が分からない

ノーネクタイにするとだらしない格好になりがち

客先に訪問する時、ジャケットは着るべき?

クールビズスタイルにすると、今までのスーツスタイルで使っていた、鞄と靴が合わない

いつもとは違うシャツも着たいけど、選び方が分からない

クールビズの着こなしを考えるときのポイントは?

クールビズと言われて、どんなスタイルを想像しますか?
ノーネクタイにシャツとスラックスという着こなしが一般的かもしれません。

最近では軽量感や清涼感のある素材のジャケットなども出てきており、一概にはクールビズスタイルを定義することができなくなっています。これではビジネスマンの頭を悩ませる一方ですよね。

そこで、まずは本質を押さえることから始めましょう。

「ファッションはコミュニケーションツール」
自分の服装が相手にどんな印象を与えているか、考えてみたことはありますか?

人間の第一印象は約8秒で決まると言われています。

ただ自分が涼しいからという理由だけで洋服を選んでしまうと、取引先や社内の大切なビジネスパートナーにマイナスな印象を与えかねません。プライベートでは、自分の着たい服を着ていてもいいかもしれませんが、ビジネスでは「しっかりしている」「仕事を任せたい」と思ってもらいたいですよね。

一度、この機会に「自分の服装が相手にどう思われるか」または「自分の服装で相手にどのような印象を与えたいか」を考えてみましょう。
「スーツスタイルの基本的なルール」をおさえる
スーツスタイルに欠かせないアイテム、ドレスシャツを例に一つルールをあげてみましょう。

ドレスシャツは元々下着の役割をしていました。そのため、昔のヨーロッパではシャツ姿で人前に立つことは非礼とされていました。その理論からすると本来シャツ姿で人前に出るのはNGです。また、人前で肌を見せることも好ましくないとされていました。

従って、クールビズであったとしても、半袖シャツではなく長袖シャツを着用し、暑いときには袖をまくる方が好ましいです。


今までスーツ・シャツ・ネクタイ・ベルト・シューズ・バッグとお決まりのアイテムを「仕事着」として毎日何気なく着ていませんでしたか

それが社会のルールとして浸透してしまっているのですから、仕方がありません。ビジネスで会う相手のことなど考えなくても、スーツさえ着ていれば問題なかったのです。そこにいきなり、温暖化防止・節電の観点から「クールビズ」が始まり、ジャケット・ネクタイという強力な武器がなくなってしまっては、大混乱ですよね。ただし、ファッションについて考え直す、いいきっかけにもなると思います。

これを機に「涼しくてラク」から、「ビジネスで会う相手に失礼にあたらない」という観点にシフトチェンジしてみませんか?


クールビズの着こなしに困ったら、パーソナルスタイリストサービスへ スーツの基本なんて分からないし、自分で考えるのも面倒という方にお勧めです。コーディネートサロン ライフブランディングでは、プロのスタイリストがあなたのビジネススタイルをトータルコーディネートしてくれます。もう、お店を歩き回る必要もなくなります!
ones-style.jp/

詳しくはこちら↓↓

クールビズのシャツやジャケット、パンツ、実は通販で買うとお得!?

20代〜30代向けに、安いアイテムが揃っています。シャツは1,990円〜。ココのおすすめポイントはサイト内でアイテムやサイズが選びやすく、サイズなどが合わずに返品や交換を希望する場合でも着払いで受けてくれるところ。なので、いいなと思うものがあっても購入しやすいです。
30代以上の方におすすめです。シャツで4,000円〜。ココのおすすめはスーツ販売実績NO.1だけあって、自宅で洗濯できるノーアイロンのシャツや、洗濯機で丸洗いができるジャケットなど工夫をこらしたアイテムが続々出てきている点。実はポロシャツなどのカジュアルも豊富!
30代以上の方におすすめ。シャツだと3,000円〜。10,500円でシャツがよりどり3点など、お得なキャンペーンを頻繁に行っている点がポイントです。
日本メンズファッション協会のご案内 メンズを起点としたファッションおよびライフスタイルの向上に向けて、さまざまな活動を行う、一般社団法人です。あの、「ベストドレッサー賞」受賞者選考もメンズファッション協会が実施しています。 mfu.or.jp/