悩める男性必見!シャツスタイルのクールビズ、着こなしのポイント

クールビズ〜シャツの着こなしのポイントは?

クールビズの時期になると、悩みの種となる最も大きなポイントとして「シャツの着こなし方」が挙げられます。

ジャケットを着ることなくノーネクタイとなると、今までのスーツスタイルから、いきなり上半身をシャツ一枚で過ごすことが多くなるので、着こなし方に戸惑うことも少なくないのではないでしょうか。

シャツの着こなしに関するお悩みでよく聞かれる項目として次の3つが挙げられます。

  1.シャツの下にインナーは着るべき?

  2.半袖と長袖、どちらが好ましい?

  3.ボタンはどこまであけていいのか?

まず、インナーを着るべきなのかどうかということについて。

<クールビズの着こなしを考えるときのポイント>でもお話した通り、本来、シャツは肌着だったので下着は着ないで、シャツ一枚で着るのがルールです。
しかし、日本は高温多湿なために、夏は汗でシャツが肌にくっついてしまいます。それでは、相手からも、もちろん自分にとっても不快です。従って、上記のルールは理解したうえで、インナーをシャツの下に一枚着ることをおすすめします。

ただし、白いTシャツやランニングシャツは避けましょう
シャツの間や襟元から下着の白いシャツが見えたり、シャツから下着が透けると相手に不快感を与えてしまいます。色は透けづらいベージュ、デザインはシャツの襟からインナーが見えないようにUネック、もしくはVネックのものを選びましょう。


↑インナーが見えてだらしないシャツの着こなし



次に半袖か、長袖かということですが、これも<クールビズの着こなしを考えるときのポイント>でお話した通り、長袖がベストです。半袖は、ファッション性の観点からもおすすめできません。暑いときには長袖シャツの袖をまくりましょう。


↑このように長袖シャツの袖をまくって着こなしましょう。

このように、各アイテムのルーツ、ルールに立ち戻ってみて、それを一つの判断基準にしてみると、今まで解決できなかった悩みも解消できるかもしれません。

最後にシャツのボタンですが、これも開けすぎには注意しましょう。
開けすぎるとだらしない印象になりがちです。



30〜40代男性に人気のメンズファッションコーディネートサービスはこちら
コーディネートサロン ライフブランディングでは男性専門にコーディネートサービスを行っています。ビジネススタイル・カジュアルスタイルともに、プロの視点でトータルでバランス良くコーディネートしてもらえます。まずは、電話での無料相談ができるので、自分の着こなしをチェックしてほしいという悩みも気軽に相談できます。

詳しくはこちら↓↓

クールビズ用のシャツを買うなら通販がお得で楽!

20代〜30代向けに、安いアイテムが揃っています。シャツは1,990円〜。ココのおすすめポイントはサイト内でアイテムやサイズが選びやすく、サイズなどが合わずに返品や交換を希望する場合でも着払いで受けてくれるところ。なので、いいなと思うものがあっても購入しやすいです。

30代以上の方におすすめです。シャツで4,000円〜。ココのおすすめはスーツ販売実績NO.1だけあって、自宅で洗濯できるノーアイロンのシャツや、洗濯機で丸洗いができるジャケットなど工夫をこらしたアイテムが続々出てきている点。実はポロシャツなどのカジュアルも豊富!

30代以上の方におすすめ。シャツだと3,000円〜。10,500円でシャツがよりどり3点など、お得なキャンペーンを頻繁に行っている点がポイントです。

IFIビジネス・スクールはこちら
ファッション産業の次世代のリーダーとなる人材の育成を行っているビジネススクールです。財団法人ファッション産業人材育成機構(略称IFI)の事業は教育・研修事業を核として調査研究、情報発信、啓蒙活動など多岐にわたっておりますが、とりわけ重要な事業は「IFIビジネス・スクール」における教育事業となっています。